<< ぷよぷよクロニコォ | main | ピポネズEYE 2 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.16 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ピポネズeyeその1

これです
#ファボした人と全員と対戦してピポネズEYE
独断と偏見による妥協なしD~S判定
項目
本線(火力の安定感とか伸ばしとか)
凝視(敵陣把握)
連鎖力(自陣把握とか堀とか連鎖技術)
中盤力(試合全体の)
精神力(かわいそうなしとらす)



独断と偏見に加え殴り書きなので変なところ多いしそれは違うってあるかもしれませんがその辺はおいう(*;◯;*)


ちなみに評価のやつですが0〜100?点でつけてて
D 0~29
C 30~49
B 50~69
A 70~89
S 90~100
となっています。


かれぱん
30-25
B 65
B 52
B 55
B 62
B 60

綺麗で色々できる形を組む技術を基盤とした中盤、小さい攻撃から大きな攻撃、さらに早い攻撃などいろいろなことができる形を安定して組める。ただし、できる人は少ないが、把握の凝視ではなく相手の見えた形にたいする凝視であるため決めきれないことや、おいうちみすが目立った。また連取されてもまた取り返してくるところから精神力もひどくなかった。
かれぱんの強みは綺麗でいろいろできる形を安定して組めること。

こおり
30-20
C 40
C 45
B 50
C 40
B 55

れんさびじゅうしとかいろんな形を組んで戦うタイプ、相手の催促に対してすぐに本線かぶせてやろうとする中盤、また序盤の早い本線発火やだいたんな催促などを織り交ぜてくる。しかし危なげなく本線発火が多いためもったいないことが多い。連結の多い形やわかりにくい形を多用するため相手に地味に威圧をかけれる。また凝視に関してはあいての催促見てる感じ?で本線発火するまでが早い。ただし2連鎖マルチとかに対する反応は早いが、普通にとめてあるだけの連鎖とかはあまり見えてない印象。
連鎖を組むのを楽しみつつもいろんな戦術を織り交ぜているがまだ怪しいところが多い。
強みはいろんな形を使いみにくく連結もあり、何より本線をしっかり発火すること。簡単に潰れないため短いマルチへの警戒は非常に強く反応が早いのも強みの一つ。

いかだも
30-20
B 65
C 45
B 65
B 55
C 45

中盤打つぜーって感じの置き方からのどーんっとうってくるたいぷのちゅうばん。しかしどーんとうってくるやつを対応しなければ本線力や技術力が高いため負けてしまう。まじか、とかうまっ、ってなった伸ばしとかあった。対応されたら困ってるイメージがあったので対応されても大丈夫なように、またはさいそくをうつしかないじょうたいにならないようにしなければならない。組み換えの技術を身につければなかなか手がつけられない強さを身につけれるように感じました。
強みは連鎖技術の高さがささえる本線力。

makyyu
30-25
S 92
A 85
S 90
A 80
A 75

凝視を生かして相手を把握しぷよを使いすぎずだんだんと相手を追い詰める対応をする中盤をしている。連鎖技術の高さがあるからこそ成り立つ戦い方ができている。トップレベルの凝視ができてるからこそのぷよって感じ。個人的には倒せるタイミングの攻撃とかがすこし甘いところがある気がする。守りの凝視は超うまいが倒す凝視は速攻とかマルチを構えているとき以外は少し少ない印象。しかし守りの凝視が本当うまいから強い。火力も高く連鎖技術も高い。ぷよくろでトップレベルの技術力のなのでこの三点はS。守りの凝視はえすレベルだが攻めとか咎める凝視がすこし甘いときがあるので凝視はA。中盤のにかんしてはまだまだ成長の余地があるのでA。
強みは連鎖技術力と凝視力の高さが可能にする相手の攻撃に対する高い完成度の対応力と本線の両立。

たつしくん
30-17
B 60
C 45
B 68
B 55
C 45

ガンガン積もって本線を組んだり単発とかでかい催促をかまえて打ってくるタイプの中盤。ガンガン積もるためワンちゃんとか本線即うちが思ったより大きいっていう状態になったりする。しっかりとした中盤でなければ使いすぎになる局面が多く(危険な伸ばしとかも)ある。凝視に関してはなんとなーくは見てるが雰囲気で把握してるかんじの凝視なためちゃんとは把握できてないことが多そうなきがした。相手があまり見えてないとこから対応されたら困ってる局面が目立った。また連取されて差が開いたら結構崩れやすいかんじがした。連鎖技術は高いため繋げてきたり難しい催促とか連鎖を組んだりっていうのもちょくちょくある。
いろんな形を組みつつ催促をガンガン打ったりとかガンガン効率いい本線んだりとか、速さを軸に連鎖技術を生かす大胆なぷよをするのが強み。速さを生かすぷよは強い時はとても手をつけにくい。特殊な強さを大事にしていってほしい。

おなつ
30-7
D 15
D 10
D 15
D 10
B 50

まだしっかりと安定した大連鎖は組めてなかったけど折り返しとかはしっかりと組めてた。連鎖尾がやはり難しそうで連鎖尾技術を身につければ結構連鎖が安定していきそうな気がした。中盤はまぁ2ダブとかいらないぷよとかでうつかんじの動き方だった。最後までやけにならずちゃんと連鎖を組もうとしてたので精神力はBだと思った。

AIFU
30-15
C 45
C 40
C 45
C 40
B 55

綺麗に組んで連結あって隙が割と少ない組み方が多かった。たまーにがっつり鍵積みの時が割と狙い目だった。中盤はあまり大きな仕掛けはせず基本対応に回る展開が多かったのと、相手にすきあらばニダブうつみたいな感じだった。隙のないかんじの連結ある組み方はうまい時もあったけど連鎖自体が繋がらないことや効率がちょっと悪いことがあった。ただ、繋がらないかなーと思ったら連結の多い連鎖を組んでるからこそ本来のルート以外から無理やり連鎖作ったりもしてきてた。凝視にかんしては相手を把握することはできてなくとも相手にすきがあったり攻撃が見えたりしたら構えたり攻撃したりするかんじだった。
強みは連結のある隙の少ない本線を組むとこからくる対応の連鎖を作るスピードが早いことと単純に攻撃が刺さりにくいこと。

いぶりす
30-11
C 40
C 45
C 42
C 36
C 45

連結が多くすきが少なめな形組んでる。今まだしょうがないけど構えた催促をそのまま使ってくるのは少しもったいない気がした。そのまま連鎖をくみ進めたり、折り返し付近の多重オリも視野にいれれるようになったらすきがすくなく高めな火力を出せる組み方ができるようになりそう。凝視に関しては相手の本線が繋がらなさそうな時とか、打った催促に対して相手の対応が足らない足りるか判断してたりした。長めの対応に対してはあまり見れてなかった印象(みにくいし割としょうがない)。
強みは連結多めの中盤できる形を作りながら本線を組むこと。

さかす
30-9
C 35
C 30
C 35
C 32
C 30

土台をが安定してなかった印象。土台が乱れて中盤するしかないって状態多かった気がした。中盤に関しては催促打ったあとに対応されて帰ってきてもそれを対応するってことがちょくちょくあったのは良かった。ただぷよを使いすぎて何もなくなることも多かった。
強みはまだはっきりとは出てきてないけどなんというかとらわれてない感じが良かった、綺麗な形を目指すものの無理なら無理!って感じ、連鎖壊しても対応しよう!とか。これ人によってはできないやつ。


スポンサーサイト

  • 2017.06.16 Friday
  • -
  • 01:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM